私の大失敗スキンケア②


角質ケアのやりすぎで少しはよくなったものの肌が半年間ずっとかゆく赤いままの状態・・・だったというところでした。

 

 

 

ある友人に相談したところ、「西洋がダメなら東洋でしょ。はりとかも効くよね。」と言われたのが印象に残り何かないかなと模索し続けたのです。

 

ある日、いくらステロイドつけても飲んでもダメだったので「漢方薬を飲んでみよう」と思い立ち、街中に売ってる市販のではなくて本格的な漢方薬局「和漢堂」が戸塚にありましたので相談に行きました。

 

 

症状を話して調合してもらいました。その時、最低でも、体質の改善なので1年飲み続けること。漢方薬はおだやかな効き目と思ってる方も多いのですが、劇薬なので飲み方、症状に気を付けて飲むこと。(おだやかだと思ってる方が多いけど飲み方を間違うといけないとの事)

 

肌荒れと冷えに効く自分だけのフルカスタマイズで1か月分で25,000円くらいでした。

 

そして調合してくれた方が「効くと信じて飲む人は早く効く」と・・・ほんとかいなと思いましたが私は信じやすいのでそれならば効くのでは?と思いました。

 

 

とても苦いけどなんと一晩でかゆみ、赤味がなくなり、二日目には戻ったと実感できました。漢方が効くと実感したできごとです。(個人差はあるとおもいます)

 

そういえば、少し前に「かっさの講座」の中で印象的だったのが漢方薬は

●8~10時間で効く場合は「体にぴったり合っている」

●24~48時間で「合ってる」3日飲んで治らない場合はさっさとやめないと毒でしかない。

 

 

その通りで私の場合はドンピシャでした。結局1日で良くなったので1か月で止めてしまいましたが、それ以来酷い症状が再発することはありませんでした。

 

その後、皮膚科に予後を見せに行きましたが「肌が乾燥しやすい人は角質ケアはせず、むしろ厚くしておくことを心がけて下さいとのことです。」それ以来鼻のみ・・・角質ケアの美容液類などもいっさい使用してません。

 

過剰な角質ケアは肌質を変化させる原因となります。今はPM2.5などの化学物質も肌に付着してデリケートになりやすく、かゆみも引き起こしやすくなりますし紫外線の害もダイレクト・・・乾燥肌の方も多いので皆さまも気をつけてくださいね。

 


ABOUTこの記事をかいた人

渡辺 深雪

横浜 JR関内駅3分・ブルーライン伊勢佐木長者町駅2分の少人数のレンタルサロン・トリートメントスペースです。このHPのブログは管理人の美容ブログやサロンでの出来事、お知らせなど書いていきます。